ビーシュリンプにとって良いPHの数値とは?

水槽内に発生するアンモニアや亜硝酸は魚やエビに対して悪さをして弱らせてしまったりするのですが、アンモニアに限ってはPH7.0以下の環境下ではアンモニウムイオンに変化し無害となります。
一部を除いてほとんどのソイルは水質を酸性に傾ける作用があるためアンモニアに対する不安はなくなるわけなのですが、餌の与えすぎや濾過能力不足といった栄養過多などでアンモニアが水中の水素イオンを使い尽くし足りなくなった時PHが上がりだします。

正常な濾過ができていれば濾過細菌(バクテリア)が酸素を消費しながらアンモニアを分解し亜硝酸と水素イオンを排出してくれるためアンモニアがアンモニウムイオンに変化できるのですが、上記のように餌の与えすぎや濾過能力不足といった栄養過多などで何らかのバランスが崩れた際に水素イオンが足りなくなりアンモニウムイオンになれなかったアンモニアがまた悪さをするようになります。
また、夏場の高水温時も溶存酸素量の飽和地点が低くなりバクテリアの繁殖も緩慢になりがちなので注意が必要ですし、換水に使用する水もPHが極端に高い場合は下げてから使用するか少量ずつ慎重に換水する必要がありますし、これとは別にソイル自体のイオン交換能力の劣化も注意が必要です。

ビーシュリンプ飼育にPHは低めが良いと大半の人がいう意味がこれで解ると思います。よってPHが7.0以下の水槽では試験紙などでアンモニアのチェックをする必要はなくなります。(試験紙はアンモニアもアンモニウムイオンも反応します)

科学が苦手な僕なりに簡単に要点をまとめると、PHを上げる要因(バクテリア・ソイル・換水に使用する水)を気を付けてさえいれば気にしなくて良い問題ですが、濾過やソイルの寿命を無視して強制的にPHだけ下げる行為はまた違う問題が発生しますのでほぼ無意味となります。