ビーシュリンプ

2/3ページ
  • 2017.11.04

ビーシュリンプにとって良いPHの数値とは?

水槽内に発生するアンモニアや亜硝酸は魚やエビに対して悪さをして弱らせてしまったりするのですが、アンモニアに限ってはPH7.0以下の環境下ではアンモニウムイオンに変化し無害となります。 一部を除いてほとんどのソイルは水質を酸性に傾ける作用があるためアンモニアに対する不安はなくなるわけなのですが、餌の与 […]

  • 2017.11.02

状態の良い水槽と悪い水槽の違い

よく水槽の活性が良いとか悪いなどとエビの動きを重要視する人が多くいて、調子の良し悪しを図る指標としては最も簡単で手っ取り早い方法ですが、ビーシュリンプを飼育してまだ日が浅い方はその見分けが難しいと思います。 ビーシュリンプはとっても平和主義な生き物で他の個体と極度の接触を行いません。ただ、ある条件が […]

  • 2017.10.30

ブラックシャドーの選別ってどうやるの?

どのエビでも拘りを持って選別するのはみなさんやっているとは思いますが、シャドーの選別に関してはぶっちゃけた話し結構簡単だったりします。 他のビーシュリンプと同様、脚にしっかりと色が乗っている個体を残していけばそこそこ良い個体が出やすくなります。   ♂は中々色が乗りにくいのですがこのくらい […]

  • 2017.10.30

ビーシュリンプブリーダーはもうオワコンなの?

ビーシュリンプはもう終わり。今からブリーダーやっても遅いよなんて某掲示板なんかで囁かれてますが、果たして実際はどうなんでしょ? ビーシュリンプは哺乳類や爬虫類と違い動物取扱業の資格がいらないため、誰でもブリーダーを名乗ることができます。 極端な話し、転売のみでもブリーダーとして活動できますし、数匹の […]

  • 2017.10.28

中古品を買ってはいけない物

中古品と言えばヤフオクですが、ビーシュリンプを飼育するに当たりこれだけは買わない方が良い物をいくつか書いていきたいと思います。 1)外部フィルター 格安で落とせるなら良いでしょうが、外部フィルターってほぼ全ての部品が消耗品です。ダブルタップやフィルターケースなんかはかなり丈夫ですが、ケースなんてヒビ […]

  • 2017.10.25

良い♀の条件

水槽を立ち上げました。さて何入れよう?   で、良くいただく質問なんですが、♂と♀はどのくらいの割合で入れると良いですか?   基本、好みで良いかと思いますが、目的によって変わってくると思います。単純に数を増やしたいのであれば♂♀同数または♀多めでスタート時から親個体を多めに入れ […]

  • 2017.10.19

シャドーシュリンプの飼育法

シャドーシュリンプはビーシュリンプと比べて比較的歴史の浅い品種のエビです。 初めは台湾から輸入されたそうで当時は繁殖どころか飼育すら難しかったそうですが、その中でも熱心なブリーダーが少しずつ殖やしてきた子孫が現在流通している個体の大半となります。 道産子海老も2011年から飼育に挑戦し幾度となく失敗 […]

  • 2017.10.15

ビーシュリンプ水槽に水草を入れるメリット

生き物は常に外部の敵から身を守り隠れるという本能が備わっていますがエビに関しても同じことが言えます。 水槽程度の大きさでは水草の水質浄化作用は微々たるものですが、健康に育っている水草は積極的に有害物質を吸収して生き物に必要な酸素を排出しています。ここで言う生き物はエビだけではなくバクテリアも含みます […]

  • 2017.10.15

きれいなエビを採るには選別が重要

エビが順調に殖えてくるとやはりグレードが気になってきますよね。 そこで、良い個体とそうでもない個体の仕分けをして柄や色の固定化を図るために選別が大変有効な作業になります。 選別にはメリットもデメリットもあるのでまずはそこから書いていきたいと思います。 選別のメリット ・きれいな個体の固定化 ・繁殖力 […]

  • 2017.09.01

エビのポツポツ死に対する考察

エビが死ぬ原因には様々な理由がありますが、大半はエビにとって適切な環境になっていないことでしょう。 また、エビがポツポツ落ちる頻度や落ちる個体の特徴、何かきっかけがあったのかということをよく観察することで対処のしかたも大きく変わってきます。 よくある例を紹介します。 稚エビが産まれたけどいつの間にか […]