3/8ページ

3/8ページ
  • 2018.08.22

今さら聞けないビーシュリンプ飼育入門(道具編)

これからビーシュリンプを飼育しようと考えている人のための記事になります。 飼育経験者の方にはちょっとつまらない記事になるかと思いますのでご了承くださいね。   まずは道具編   必要なものと必要ないもの、あったら便利、今すぐ必要ないけど後で必要になるものなど、詳しく書いていきます […]

  • 2018.08.20

ビーシュリンプの飼育になぜ外部フィルターを使うのか?

水草水槽でCO2を添加するわけでもなく、大型肉食魚を飼育するわけでもない。 選別をするために水槽の本数が複数必要なビーシュリンプ飼育ですが、60㎝以下の小型水槽で管理することが多いので底面フィルターで飼育する方が楽に感じると思います。 外部フィルターを使用するメリット 濾過能力が高い 初心者でもセッ […]

  • 2018.08.17

Shrimp award 2018

  ローキーズ札幌店長より新たな指令が?       9月末にビーシュリンプのコンテスト『Shrimp award 2018』が行われます。   始めの会場はヤフオクですが、落札額以外にも採点形式があり、総合点数で上位のブリーダーは12月に行われる第 […]

  • 2018.08.16

水草レイアウトとビーシュリンプ飼育の両立はあり?

ビーシュリンプと水草は非常に相性が良く、稚エビや抱卵個体の隠れ家や、その中に発生する微生物がエビの栄養源にもなることから、ほとんどの方が水槽に水草を入れていると思います。   ネイチャーアクアリウムを推奨するADAも、水槽内に生態系を作ることで魚が健康で生きることができるとしていますが、も […]

  • 2018.08.05

bosankoebi 2018 間もなく終了です

お盆セール用にローキーズ札幌さんの方へエビを置かせていただきました。 連日の猛暑で店長もエビを入荷させることが難しいと嘆いていたので、僕のエビじゃ何の戦力にもならないかもしれませんが特別セール価格にて三種類のグレードにて販売していただいています。 そして、店内に在庫している2018血統も今回のセール […]

  • 2018.07.28

(ビーシュリンプ水槽)夏の水温対策

ビーシュリンプを飼育しているうえで一番の悩みの種が夏の高水温ですよね。   水質などの飼育環境は変更すればいくらでも改善できますが、水温は外気温に左右されるのでどうにもならない問題です。   結局は水槽のある部屋をエアコンで管理するのが一番の良い方法なのですが、その他に何もやらな […]

  • 2018.07.22

(永久保存版)ビーシュリンプ水槽 アマゾニアでの失敗例とその対処法

多くのビーシュリンプブリーダーが使っているアクアソイルアマゾニア。 豊富な栄養素と長期に渡っての安定した水質維持能力は他のソイルにはない魅力の一つです。 ビーシュリンプ=ソイル飼育が定番となった現在、多くのメーカーからシュリンプ用にソイルが開発されましたが、そのほとんどが吸着系と呼ばれる立ち上げ初期 […]

  • 2018.07.21

出張メンテナンス

  年に数回とあまり頻繁には行けませんが、時々ビーシュリンプ水槽の出張立ち上げやメンテナンスを行っています。   実際にお宅に伺ってお話ししながら行うので時間がある時にしかできませんが、換水の方法や維持管理の方法など、水槽オーナーさんのやり方などを聞きながらアドバイスをさせてもら […]

  • 2018.07.08

ビーシュリンプの繁殖のタイミングは満月と新月の他にもう一つ

ビーシュリンプは月の満ち欠けにより繁殖行動を起こすことはよく知られています。   新月や満月に「抱卵の舞い」と呼ばれる脱皮したメスを探してオスが水槽内を泳ぎ回る行動です。   水槽内がエビにとって良い環境であれば自然と見られるのですが、新月や満月にしか繁殖しないのか?と言われれば […]

  • 2018.07.05

ブラックシャドー復調の兆し

2011年に初導入してからたくさんの子達を里子に出してきたブラックシャドーですが、個人販売で大量注文があり昨年オークションでの出品を終了したことを察したのか、ピッタリと繁殖が止まり、その間水槽間の移動や寿命などで数を減らし一時は15匹程まで少なくなりました。   ローキーズ札幌店長さんが命 […]

1 3 8