"アマゾニア"

ソイルのお話し

アマゾニアを正しく立ち上げる

記事タイトルを見て?と思った方も多いと思います。 そもそもアクアリウムに正解も不正解もないと思っている道産子海老ですが、爆殖への最短ルートはやはりアマゾニアが抜きん出ているのかな?と個人的には思っています。 しかし、それは正しい...
ソイルのお話し

アマゾニア水槽でのビーシュリンプの脱卵を考える

脱卵とは、雌親が抱えていた卵がいつの間にかなくなっていたとか、卵を抱えたまま脱皮したなど、抱卵していたのに稚エビが見られない時に疑われる現象です。 脱卵の原因は、水質が原因で起こる場合や、血統によるものなど様々ですが、その具体例をいく...
ソイルのお話し

アマゾニアⅡ

すでにADAからの発表もあり各メディアやブログの方でも取り上げられてから結構時間が経っているので皆さんもご存知かと思いますが、アクアソイルアマゾニアが生産を一時中止するそうで、現在はアマゾニアⅡをネイチャーアクアリウムの基本ソイルとして販売...
ソイルのお話し

ビーシュリンプブリーダーは何故アマゾニアを使用するのか?

始めに言っておきますが、アマゾニアじゃないとダメだということではありませんのでご了承くださいね。 吸着系ソイルでも普通に殖えてるよ~アマゾニアじゃなくても殖えるから別に良いじゃん?って思いますよね♪ ぶっちゃけた話し殖やせる人はどんなソ...
ソイルのお話し

(永久保存版)ビーシュリンプ水槽 アマゾニアでの失敗例とその対処法

多くのビーシュリンプブリーダーが使っているアクアソイルアマゾニア。 豊富な栄養素と長期に渡っての安定した水質維持能力は他のソイルにはない魅力の一つです。 ビーシュリンプ=ソイル飼育が定番となった現在、多くのメーカーからシュリンプ用にソイル...
ソイルのお話し

必読!アマゾニアと合わせるならこのソイルだ!

ビーシュリンプの飼育で使うアマゾニアは、単体で使う方法の他に、アマゾニア以外の他のソイルとサンドして使う方法が知られていますが、道産子海老が実際に行ってきた成功例をご紹介しようと思います。 尚、サンドして使う方法はソイルの特徴を踏まえ...
ソイルのお話し

初心者こそアマゾニアを使うべき

アマゾニアこそビーシュリンプを殖やす一番のソイル
ソイルのお話し

最短!アマゾニアで一週間でビーシュリンプ水槽を立ち上げる!

アマゾニアを使って一週間でビーシュリンプを飼育できる水槽を立ち上げる
ソイルのお話し

アマゾニア徹底解析(改訂版)

■立ち上げ初期(~2週間) 見た目は何の変化もありませんし、水草も成長することなく殆ど変化はありませんが、ソイルの有機物が溶け出してバクテリアが繁殖を始める頃です。 この時期に頻繁に換水し水の数値を計測すると、立ち上がった後と似たような...
ソイルのお話し

ソイルの薄敷きが流行っている理由を探ってみる

最近僕の周りでもソイルを薄く敷いて立ち上げる方が増えてきました。 僕もソイルの薄敷きはもう5年くらい前からやっていたことはあったのですが、そういえばソイルの薄敷きに関係する記事を書いたことがあったよな?と自分の書いた記事を探してみたと...
タイトルとURLをコピーしました