ソイルの薄敷きが流行っている理由を探ってみる

最近僕の周りでもソイルを薄く敷いて立ち上げる方が増えてきました。

僕もソイルの薄敷きはもう5年くらい前からやっていたことはあったのですが、そういえばソイルの薄敷きに関係する記事を書いたことがあったよな?と自分の書いた記事を探してみたところ

2017年10月に書いてましたね

 

最短!アマゾニアで一週間でビーシュリンプ水槽を立ち上げる!

 

この記事は僕が最も得意とするソイル、アマゾニアに特化した内容になっていますが、他の栄養系ソイルにも応用できるので興味がある方は試してみてもおもしろいと思います♪

アマゾニアはソイル自体に豊富な栄養分が含まれるため、立ち上げ初期に有害な物質が多く出るので、立ち上がるまでの時間がかかるのは皆さんご存知かと思います。

アマゾニアがどの程度の栄養分を含んでいて、その栄養がどの程度水中に溶け出すかはロットによる差があるとも言われていて、もし計測できる機械などあれば一度調べてみたい気もしますが、個人的にはあまり気にならない部分でもあります。

どのソイルでも言えると思いますが、特にアマゾニアなどの栄養系ソイルの場合、水槽のサイズに対して使用するソイルの量によっては水槽内の環境が大きく変わります。

昔から一般的なアマゾニアの立ち上げ方は、多量の換水をして多すぎる栄養素を排出して立ち上げ初期の不安定な時期を乗り切る方法を取るのがセオリーでしたが、それは水草水槽での話であって、景観の妨げになる苔の発生を抑え清浄なろ過サイクルを作るための工程は、そもそも必要ないわけです。

ところが、栄養素は水草だけが必要とするわけではなく、ろ過細菌(バクテリア)の餌となり、そのバクテリアが活発に活動することにより水槽内の環境が整えられ初めてエビなどの生物が生きていけるようになるので、やはり栄養は必要なものでありますが、多ければ良いというものでもなくバランスが重要なため、そこで薄敷きといった考えが生まれるのは水槽内の生態系について熟知しているからこその発想です。

メリットとしてはソイルを少なく使用することで、アマゾニアのような栄養系ソイルが出す有害な物質の溶出を緩やかにし、立ち上げ初期の不安定な時期を生体に負担をかけずに立ち上げられるいうことで、実際にやってみるとわかると思いますが、30cmキューブ水槽にアマゾニアをコップ一杯弱(100cc程度)入れて他の水槽からの飼育水100%で立ち上げると即日エビを入れても死ぬことはほとんどありません。

フィルターはスポンジフィルターや投げ込み式のフィルターなどのソイルに干渉しないろ過器を使用します。

エビの動きが悪くなる前に毎日少量換水していれば遅くても一ヶ月もすれば安定するでしょう。

デメリットは多少長期維持が難しくなることでしょうか。

といっても一般的な吸着系ソイルによくある3ヶ月とか半年とかそんな短いスパンで崩れることはないので、吸着系ソイルのみでしか飼育経験がない方にはすごく楽に感じるところでしょう。

とはいえ、2年も3年もそのまま維持するとphが下がらなくなることもあるので、途中で足しソイルなどで対処すると思いますが、そうなるとろ過についての不安が出てくるので、道産子海老宅では主にろ過能力の高い外部フィルターで管理しています。

アマゾニアは難しくて苦手という方は一度試してみてはいかがでしょう?

ビーシュリンプ水槽レイアウトコンテスト

ヤフオク出品商品はコチラ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

336人の購読者に加わりましょう

ソイルのお話し
道産子海老をフォローする
North bee factory

コメント

タイトルとURLをコピーしました