新たな血統の導入

何年も同じ血統で飼育しているとどうしても血の詰まりが気になるところですが、我が家も例外ではなく、何となくあまり良くないなぁ~と思うところもあり、今年に入ってから黒と掛戻したり違うブリーダーさんから譲ってもらったりと、徐々に血の分散を図っています。

 

先日も機会があったので自分の目利きを信じてペアで導入してみたところ、見事に抱卵させるところまで行きました♪

 

このくらいのグレードになると抱卵するまでどっちかわからないほど雄っぽい個体も多く、中々難しいところがありますが、たった一度の脱皮でこれ違うエビじゃないの?ってくらい体形がガラッと変わるもんだから毎回驚かされます。

 

シャドーが出始めた頃も成熟するまで中々わからないことが多かった記憶がありますが、ちょうどそれと似たような感覚です。

 

まあ何と言いますか、抱卵させること自体は結構簡単なんですが、このグレードを次の世代に残す方が難しかったりするので、勝負はここからです。

 

こちらははすっかり涼しくなり日中も25℃を超える日もほとんどなく今後が楽しみになってきましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました