立ち上げ&メンテナンス

  • 2018.08.20

ビーシュリンプの飼育になぜ外部フィルターを使うのか?

水草水槽でCO2を添加するわけでもなく、大型肉食魚を飼育するわけでもない。 選別をするために水槽の本数が複数必要なビーシュリンプ飼育ですが、60㎝以下の小型水槽で管理することが多いので底面フィルターで飼育する方が楽に感じると思います。   外部フィルターを使用するメリット 濾過能力が高い […]

  • 2018.04.21

黒ひげ危機一髪「黒ひげ状の苔対策」

黒ひげ状の苔は水草水槽に良く出てきて景観を悪くするイメージですが、もちろんビーシュリンプ水槽にも発生します。 この黒ひげ苔は紅藻類の一種で、海苔などの海藻に近い植物なのでかなり頑固な苔ですから早め早めの対処が肝心です。 実際に我が家で発生している苔を撮影してみました。緑っぽい色や赤みがかった色など様 […]

  • 2017.10.27

底面フィルター最強説

ビーシュリンプには底面フィルターと言われるほ4:我々エビ飼いには浸透しているフィルターなんですが、アクア界ではそれほど良いポジションにいるわけでもないんですね。 1)CO2を添加する水槽では使えない 光合成を促すために二酸化炭素を添加する水草水槽では底面フィルターはご法度。二酸化炭素は水に溶けやすく […]

  • 2017.10.18

コストパフォーマンスに優れたブリーディングシステム

エビが順調に殖えてきたらやってみたいこと・・・ってやっぱり選別ですよね♪ でも選別するには水槽の本数を増やさなければなりません。それにはスペースや維持費、飼育機材の購入費など、諸々考えると趣味の範囲を大きく超えてしまいます。 道産子海老も最初は40cmの水槽一本からスタートしましたが、現在は10本以 […]

  • 2017.10.15

水槽立ち上がりの目安と苔の関係性

濾過サイクルとエビ飼育について(初心者向け記事)の記事で少し書いていきましたが、立ち上がりの目安として多くの人が苔を目安にしていると思います。 水槽を立ち上げ濾過を回すとバクテリアが定着し有害物質をきれいにしてくれるのですが、それは目に見えないレベルでの話しであって計測器などの機械もある訳ではないの […]

  • 2017.10.08

水槽サイズ別フィルターの選択

水槽のサイズによってフィルターも適不適があるので簡単な表にしてみました。 外部フィルターは濾過能力も高く水槽サイズも選ばないので万能選手と言いたいところですが、小型水槽では濾過能力云々よりもコスパ的な面で×としました。 上部フィルターも濾過能力は高くメンテナンスもしやすいのですが、水槽上部の半分近く […]