道産子海老

2/7ページ
  • 2018.09.11

ブラックシャドーを全滅から救った添加剤

ビーシュリンプを初めて飼育したのは約20年前。   水草レイアウト水槽のついでにタンクメイトとして10匹購入しそれが殖えて一時300匹程度まで殖えました。   その後仕事や経済的な理由で十数年アクアリウムから遠ざかり、再び再加熱したビーシュリンプ飼育ですが、水槽の立ち上げや管理方 […]

  • 2018.09.11

北海道胆振東部地震

台風21号および北海道胆振東部地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。     道産子海老の住む千歳市は震度6弱を記録しており、大きな揺れに何もなす術がなく呆然としていました。 停電、そして物資不足。 被災者となった夜、灯りを失った住宅地から見上げる夜空は皮肉 […]

  • 2018.08.31

ビーシュリンプブリーダーは何故アマゾニアを使用するのか?

始めに言っておきますが、アマゾニアじゃないとダメだということではありませんのでご了承くださいね。   吸着系ソイルでも普通に殖えてるよ~アマゾニアじゃなくても殖えるから別に良いじゃん?って思いますよね♪   ぶっちゃけた話し殖やせる人はどんなソイルでも殖やします。吸着メインでやっ […]

  • 2018.08.22

今さら聞けないビーシュリンプ飼育入門(道具編)

これからビーシュリンプを飼育しようと考えている人のための記事になります。 飼育経験者の方にはちょっとつまらない記事になるかと思いますのでご了承くださいね。   まずは道具編   必要なものと必要ないもの、あったら便利、今すぐ必要ないけど後で必要になるものなど、詳しく書いていきます […]

  • 2018.08.20

ビーシュリンプの飼育になぜ外部フィルターを使うのか?

水草水槽でCO2を添加するわけでもなく、大型肉食魚を飼育するわけでもない。 選別をするために水槽の本数が複数必要なビーシュリンプ飼育ですが、60㎝以下の小型水槽で管理することが多いので底面フィルターで飼育する方が楽に感じると思います。   外部フィルターを使用するメリット 濾過能力が高い […]

  • 2018.08.17

Shrimp award 2018

  ローキーズ札幌店長より新たな指令が?       9月末にビーシュリンプのコンテスト『Shrimp award 2018』が行われます。   始めの会場はヤフオクですが、落札額以外にも採点形式があり、総合点数で上位のブリーダーは12月に行われる第 […]

  • 2018.08.16

水草レイアウトとビーシュリンプ飼育の両立はあり?

ビーシュリンプと水草は非常に相性が良く、稚エビや抱卵個体の隠れ家や、その中に発生する微生物がエビの栄養源にもなることから、ほとんどの方が水槽に水草を入れていると思います。   ネイチャーアクアリウムを推奨するADAも、水槽内に生態系を作ることで魚が健康で生きることができるとしていますが、も […]

  • 2018.08.05

bosankoebi 2018 間もなく終了です

お盆セール用にローキーズ札幌さんの方へエビを置かせていただきました。 連日の猛暑で店長もエビを入荷させることが難しいと嘆いていたので、僕のエビじゃ何の戦力にもならないかもしれませんが特別セール価格にて三種類のグレードにて販売していただいています。 そして、店内に在庫している2018血統も今回のセール […]

  • 2018.07.28

(ビーシュリンプ水槽)夏の水温対策

ビーシュリンプを飼育しているうえで一番の悩みの種が夏の高水温ですよね。   水質などの飼育環境は変更すればいくらでも改善できますが、水温は外気温に左右されるのでどうにもならない問題です。   結局は水槽のある部屋をエアコンで管理するのが一番の良い方法なのですが、その他に何もやらな […]

  • 2018.07.22

(永久保存版)ビーシュリンプ水槽 アマゾニアでの失敗例とその対処法

多くのビーシュリンプブリーダーが使っているアクアソイルアマゾニア。 豊富な栄養素と長期に渡っての安定した水質維持能力は他のソイルにはない魅力の一つです。 ビーシュリンプ=ソイル飼育が定番となった現在、多くのメーカーからシュリンプ用にソイルが開発されましたが、そのほとんどが吸着系と呼ばれる立ち上げ初期 […]

1 2 7