北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震

台風21号および北海道胆振東部地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

道産子海老の住む千歳市は震度6弱を記録しており、大きな揺れに何もなす術がなく呆然としていました。

停電、そして物資不足。

被災者となった夜、灯りを失った住宅地から見上げる夜空は皮肉にも満天の星空でした。

信号機も消えた中、暗い中での行動は危険と判断し薄明るくなった午前4時過ぎに食料調達のためセブンイレブンに行きましたが、食べるものはほとんどなく、とりあえずカップラーメンと飲み物だけ買ってきました。

日中、乾電池と水のタンクを買いにホームセンターに行き40人ほどの列に並びましたが全て完売の張り紙があり諦めて帰ってきましたが疲れもピークで何もする気が起きずただ車の中でスマホを充電しながらニュース番組をボーっと観ているだけでした。

家の中の状況ですが、水槽が一本破損の他、90cm水槽が揺れにより濁り、停電のため濾過が動かない状態が約20時間、途中エアレーションもかねて少量換水を数回行っていますが、電気が使えるようになった現在もポツポツと☆になっています。

エビの他には、倒れそうになった食器棚から食器が落ちたり、キッチンにある食器などもいくつか破損しています。

幸いなことにかすり傷一つないのでその点は不幸中の幸いでしたが、回数は減ってきたものの最大で震度4程度の余震もあり脅える日々を過ごしています。

道産子海老を販売中のローキーズ札幌さんがある札幌市北区でも震度5強を記録しており今回の地震で相当な被害があったようですし、在庫中の道産子海老の事ももちろん心配ですが、浄水器を通した水や飼育水など無料提供してくださっていますので、近くでお困りの方はご来店くださればと思います。

※節電協力のため営業時間が変更になっていますのでツイッターでご確認ください。

地震から4日経ち、徐々にいつもの街に戻りつつありますが、まだ避難を強いられている地域もありますし住む家を失ってしまった方もいます。そして時間差でやってくる金銭面での不安・・・この地震の影響で仕事を失う人も多いと思いますし、もしかすると道産子海老もその対象になってしまう可能性も出てきました。

 

今後のことについての不安もありますが、考えてばかりいても解決するわけでもないので明日から少しずつ行動していこうと思います。

 

また、lineなどのSNSで苫小牧や厚真で地鳴りがしていて数時間後に大きな地震が来るなどといった根拠のないデマが流れているようですが、今の日本には地震を時間単位で予測できる技術はありませんし、もしあったとしてもそのような情報は気象庁がすべて発表するので、警察や自衛隊、海上保安庁からの情報ですといった連絡は全てデマだと思っていいと思います。

地鳴りでしたらこちら千歳市でもありますし、昨日までは揺れは無くても地下から突き上げるような振動が来ることは何度もありましたが、最大で震度4程度の余震があっただけです。

確かに、地震が続き脆くなっている地盤もあるでしょうし、もしかしたら多少の揺れでも家屋などの倒壊があるかもしれませんが、余震も徐々に少なくなっていますし適切な判断と対処をしていれば大丈夫だと思います。

 

募金活動も活発な中、東京にある北海道のアンテナショップには北海道を応援する人がたくさん来て売り上げが上がっているそうです。また、日本ハムの試合ではチームに関係なく大きな声援を送ったり長い列に並んで大勢の人が募金をしてくださっているそうですし、ふるさと納税という名の素敵な寄付も厚真を中心に道外から多数寄せられています。

 

死者も多数いますし悲しい出来事ですが、被災地じゃない所も含め早く普通の日常に戻ると良いですね。

道産子海老近況報告カテゴリの最新記事