落札者目線のオークション戦略

NO IMAGE

オークションに出品するにはとても良い季節になりました。

 

落札されて発送して、はい!終わり!というのは嫌なので、安く落とせるタイミングや、良い個体を出品する時期など、落札者様目線になって役立つであろう情報も発信していきたいと思っています。

 

今のところ出品したエビは全て落札していただいていますが、その中でも季節やタイミング次第で入札数や落札額に大きな変動があります。

(落札者様のプライバシーに関わることなので一部文字を伏せています)ごく一部の取り引き内容ですが、これを見て一目瞭然だと思います。

 

5月は(特にGW)は全体的にエビの落札額がかなり低くなる傾向にあり、有名ブリーダーさんの個体以外は伸び悩みの状態です。

リンク先は5/6落札相場の一部です(ある程度日数を過ぎると削除されます)https://auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/closedsearch?p=&auccat=2084228293&tab_ex=commerce&ei=UTF-8&b=1851

以前アメブロの方にも書きましたが、道産子海老のように無名のブリーダーは一年を通してGWが一番の狙い目です。この時ばかりはエビを出品しても見向きもされません。それをわかっている方は入札していますのでライバルが少ない分安く落としています。

とにかく安く落としたいと考える方はGW期間中にオークションに参加すると良いでしょう。

 

また、それなりに高額になっても良いから良い個体を落札したいと考える方は、ブリーダーさんも一つの区切りとして良い個体を出品することが多い夏や冬の輸送に厳しい季節になる直前を狙うと良いでしょう。

 

自分の気になる出品者さんの個体を一年を通して見ていると、出品されるタイミングやその時々の個体のグレードなどもわかるので、うまく先を読んで参加すると良いかと思います。特に道産子海老の出品傾向はワンパターンでわかりやすいのでデータ取りするとかなりお得に落札できる?・・・かもしれません。

 

最後に、こういう情報を発信できるのも、いつも良い落札者様に落札していただいているおかげでもあり大変感謝しています。いつもありがとうございます。

 

 

 

小ネタカテゴリの最新記事