水槽立ち上がりの目安と苔の関係性

NO IMAGE

濾過サイクルとエビ飼育について(初心者向け記事)の記事で少し書いていきましたが、立ち上がりの目安として多くの人が苔を目安にしていると思います。

水槽を立ち上げ濾過を回すとバクテリアが定着し有害物質をきれいにしてくれるのですが、それは目に見えないレベルでの話しであって計測器などの機械もある訳ではないので、実際にどのような部分で判断材料としているのかを書いていきたいと思います。

水槽を立ち上げてしばらくすると、苔が生えてきたという経験をした方が多いと思いますが、最初は茶色い苔がガラス面や流木などに生えてきます。

この茶苔は珪藻と言って主に硝酸塩を吸収し増殖していきます。

水槽内では時間の経過とともに徐々に生態系ができあがっていき安定していきます。そしてその後植物性プランクトンの働きによって硝酸塩は少しずつ消化されていくのですが、水槽内で発生した硝酸塩は水草や植物性プランクトンによって利用されるのが理想でもその硝酸塩を吸収させるために必要な水草は大量に必要となるため換水という作業で硝酸塩を排出してあげる必要があります。

そのため、この時点で換水をサボると飽和した硝酸塩を茶苔が利用してしまいいつまでたっても茶苔の消えないどんよりとした水槽になってしまいエビの活性も悪く中々殖えてくれないといった状況となってしまうのです。

茶苔を清掃し換水を続けていくとやがて緑色の明るい色の苔がガラス面に生えてきます。この緑色の苔が生えてきたころにはバクテリアのバランスも取れてかなり安定した水質となります。ただ、これには適度な光とCO2が必要となるので照明が重要になってきます。そしてこのころには植物性プランクトンを餌とする動物性プランクトンの働きが活発になっていきます。この動物性プランクトンは複数あるのですが目に見えるものの代表として主にミジンコが挙げられます。

植物性プランクトンは動物性プランクトンの餌となり、動物性プランクトンはエビの餌となり初めて水槽内に生態系が出来上がったと言えるので、この動物性プランクトンの働きがエビ飼育にとって最重要と言っても過言ではありません。

立ち上げ&メンテナンスカテゴリの最新記事