濾過サイクルとエビ飼育について(初心者向け記事)

まずは水作りから
ろ過バクテリアとは、目に見えないほど小さな単細胞生物で水槽内の水草の枯葉や熱帯魚の糞などを分解し生き物が住める環境を作る働きをしています。

水槽内で発生する水の汚れ(アンモニアや亜硝酸)を分解して比較的無害な硝酸塩に変えてくれるのが濾過バクテリアなのですが、この濾過バクテリアは空気中にも多く存在するため、水槽に生き物を入れると自然に増殖してくれます。しかし、このバクテリアは定着性のため濾過器を設置し水を循環させないとうまく機能してくれません。なので濾過器が絶対必須条件となります。

アンモニアが発生しバクテリアの働きによって硝酸塩に変わるまでは通常で3~4週間は必要で、その間生き物にとっては過酷な条件下となるためしばらくは生体は入れずに空回しという作業が必要となります。

この一連の流れが水を作るという作業となります。

硝酸塩は一般的には無害とされていますが、あまり濃度が高いとエビの活性が下がったりデリケートな個体は死んでしまうこともあります。また硝酸塩はバクテリアでも分解ができないため、水草などの植物が栄養源として吸収するか、換水によって排出する必要があります。

水質をコントロールし強い水を作る
アンモニアと亜硝酸が無くなり硝酸塩に変換されたところで立ち上がったと判断するのが一般的なアクアリウムでの知識ですが、エビに関してはもう少し慎重にならなければなりません。

環境の変化によってバクテリアの数も増減を繰り返し徐々に安定してくるのですが、まだ安定していない立ち上げ初期は生体の匹数や餌やりも慎重になる必要があります。

爆殖への近道は強い水作りです。これを意識して水槽の立ち上げを行うときっとうまくいくでしょう。